八兵衛の部屋 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近の近況とか

<<   作成日時 : 2013/03/17 19:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

冬の同人攻勢が終わって以来、飲んだくれてる間に、ハチの身の回りの環境が変わってきて、
それに動揺しつつも、合いも変わらず手から杯を離さないハチ(笑)

さてさて、ナニがどうなってるかというとね。
ハチが使ってるデジコミ専用ソフトはセルシス社の『コミックスタジオ
これが年内に発売&サポートが終了して、以後は後継の『クリップスタジオ』に移行していくんだと。

ツイッターでその報を聞いた時、
ハチにとっては正に青天の霹靂(へきれき)でねぇ。
そりゃたまらん!とツイッター上で動いていた継続要請運動にハチも動いたワケよ。

後継ソフトがあるならいいじゃん?って思うんだろう。
なら何故にコミスタユーザーが大騒ぎしたかというと、
最大のポイントは、今の時点において、クリップスタジオのアナログコミックの製作能力が、
コミスタのレベルに追いついてない(らしい)ということ。
そりゃ将来的には追いつくんだろうけど、コミスタのサポートが終わるまでに到底追いつくとは思えない。
そう思ったコミスタユーザーがパニック状態に陥ったのが、簡単な流れ。

一方、一足早くクリップスタジオを使ってるユーザーも反論する。
彼らの主張では、クリップスタジオの開発を阻害しているのは、頑迷な旧ユーザーである。
そもそもコミスタの販売終了&サポート停止は前々から決まっていたはず。
自分勝手な頑迷なるコミスタユーザーは去れ!ということ。

実際はそんなに殺伐とはしてなく、互いの意見を紳士的に述べるだけで済んでて、
このテのによくある醜い罵りあいにならなかったのは、
今のネット社会においては、とても素晴らしいことだとは思うね。

ここでハチは困った。ようやくコミスタに慣れてきたって時に、変えろといわれてもねぇ。
聞く所によると、クリップスタジオはコミスタと作業方法が違うというじゃないの?
更に互いのファイルに互換性が無いとか。

とはいえ、カラーイラスト用に同社の『イラストスタジオ』を導入する予定ではあったハチ。
このクリップスタジオは、カラー用ツールとしては中々よさげな感じ。
なんで、表紙用に安価なPROを買って、様子見することにするかな。

ぶっちゃけ、今のコミスタは、アナログ製作ツールとしては、ほぼ完成の領域に達してて、
今後、サポート無しでも問題無しでも使えるし。
ってか、実質上無サポートだった『コミックワークス』を使い続けてた経験あるし(笑)

…と思ってたら、公式サイトを色々調べてたら、
ハチの勘違いというか早とちりが色々あってねぇ。

確かにコミスタは年内で販売終了するけど、サポートは当面続けるとのこと。
ハチのようなコミスタユーザーは、とりあえずは一安心って所だな。

後は、コミスタユーザーはクリップスタジオを無償ダウンロード出来るという、ありがたいサービスがあるとか。
タダで使ってもらって比較使用をしてもらい、何とか良い物を作ろうという、
そして、クリップスタジオを後継ソフトにしようという、セルシス側の強い意図が分かる。

つい先日まで、セルシスさんを誤解してて、すいませんでしたです。はい。

これで決まった。クリップスタジオを落として使い慣れつつ、
モノクロ本文はコミスタで、と当分は並行して使い続ける事にしようかね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最近の近況とか 八兵衛の部屋 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる